思ったことを書くだけ

読んだ本の紹介、自転車練習、ドキュメンタリー視聴、映画、美術関連、時事問題・・・気になったことをメモとしてまとめていきます。

斎藤 兆史『英語襲来と日本人- 今なお続く苦悶と狂乱』 

英語襲来と日本人- 今なお続く苦悶と狂乱

日本に「英語」が入ってきてから現在に至るまでの日本人と英語の格闘の話をコンパクトにまとめ、そこに著者の英語学習(教育)に対する考えを織り交ぜた内容。

1600年4月に日本に漂着したウィリアム・アダムズに始まったのが英語と日本人との最初の接点であった。その後の江戸時代の鎖国時に許されていた数少ない異国との接点である蘭語が主流であり、日本人は英語への関心はなかった。しかし江戸末期になると、日本の港湾使用を認めさせようと迫る英国、米国などにより「国防」のために英語の必要性が高まり、幕府は通詞と呼ばれた蘭語専門の語学エリートに英語習得を命じ、は蘭語の辞書を片手に英語習得に努めた。

ところで、英語を操ることができた数少ない日本人で有名な人物としてジョン万次郎がいる。しかし、著者よると、「・・・言語の発達期を過ぎた日本語の母語話者をただ英語漬けにしただけでは、挨拶はうまくなるかもしれないが、文法的に正しく、内容的に高度な文章を操る英語使いにはならないということである-P43-」と残された万次郎が書いた英文を見て評している。一方で、蘭通司の英語は見事なもので、伝統的な徹底した文法訓練と、素読を通じて得た英語力は今のように英語情報が少なく、教材もまともなものもほとんどない中で驚異的でとも言えるだろう。

明治初期のエリートは、教育も英語で受ける必要があったこと、日英対照の語学教材が充実してきたこともあり、さらに高度に英語を操ることができた。しかし、日本人に教育を十分行うことができる人材が揃うようになってくるに従い、高等教育を受ける受ける為の道具としての英語も不要になっていった。その辺りから、「文明開化」も手伝って庶民を巻き込んだ英語混乱が始まるのである。「とにかく英語をやらないと時代に取り残されるという焦燥感が一般大衆に広まる-P117-」のである。今と大差はない。こんな日本人と英語の戦いの歴史を見ていくと英語教育の参考になるのではないか?

いろいろ語学習得法に関して外国から輸入するのも良いが、日本人の英語習得を困難にさせる主要因と言って良いことは、日本語と英語との言語構造上の差異である。これを無視しし、あれやこれやと述べてもほとんど役には立たない。日本語と英語の距離感を踏まえた上で最善の学習を考える必要がある。

しかし、実はそれは明治以前にすでに確立されている。通詞達が行ってきた素読、句読、訳読など、文法を重視した方法である。

【雑感】
ちと、まとまりのない文になってしまった。。。
 やっぱりと言う印象。基礎を徹底に。そして口に刷り込むまで素読するしか道無ってこと。
スポンサーサイト

category: 書評

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://izuminekonyan.blog129.fc2.com/tb.php/1245-08462c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード