思ったことを書くだけ

読んだ本の紹介、自転車練習、ドキュメンタリー視聴、映画、美術関連、時事問題・・・気になったことをメモとしてまとめていきます。

事故備忘録-4- 

病院に集ういろいろな人々

1週間の入院であったがいろいろな人がいるなと実感させられた。

1.集中治療室の人々

・睡眠薬を大量に飲んで担ぎ込まれた人
 自分のベットの隣に担ぎ込まれた人。カーテンを一枚挟んだだけなので医師との会話が聞こえる。胃の洗浄をした後なのかなんだかわからないが会話が可能になった段階で、
医師:親族に迎えに来てもらわないといけないのですが、連絡先を教えてください。
患者:嫌だ。友達ではダメか?
医者:ダメです。両親が嫌なら兄弟はいないのか?
患者:おねーちゃんならいる。
医者:ではお姉さんの連絡先を教えてください。
 その後、お姉さんと連絡し迎えに来てもらえることになったようだ。しかし、医師が不振に感じたらしく
医者:あなたは薬のたぐいが好きなのかな?
患者:・・・
医者:覚せい剤をやったことはありますよね?
患者・・・・はい。
医者:それは犯罪ですよ。精神科とかのカウンセリングを受けた方が良いです。紹介します。

・異常に血糖値が高い人
 大量のジュースを飲んで意識を失って運ばれたらしい。糖尿病とのこと。普通ならすぐに死んでもおかしくない異常に高い血糖値のようである。糖尿病と診断された後も暴飲暴食を止めなかったらしい。両親および親族の連絡先はわからない。どこに住んでいるかわからないということで、仕事の関係者を呼んでようだ。一晩たってようやく血糖値が200くらいになったとか看護師が言っていたのが聞こえた。

2.一般病棟の人々

・常連客
 看護師を○○ちゃんと呼ぶ。看護師も「○○さん、また、来たの?ダメじゃないですか~。」ともう、友達状態。しかし、ベテラン看護師が「○○さん、いい加減にしないとほんとに死にますよ。」と説教をする。
スポンサーサイト

category: 事故備忘録

thread: どうでもいいはなし  -  janre: その他

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://izuminekonyan.blog129.fc2.com/tb.php/1229-7214e462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード