思ったことを書くだけ

読んだ本の紹介、自転車練習、ドキュメンタリー視聴、映画、美術関連、時事問題・・・気になったことをメモとしてまとめていきます。

佐々木健一『Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男』 

Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男

【メモ】
 竜巻の規模を表す指標として使われているFスケール(多少の修正が加わってEFスケールとも言われることがあるらしいが)の考案者、藤田哲也について、生い立ちから晩年について記した内容。本書の副題である-世界の空を救った男-に関連する「ダウンバースト」の発見と他の研究者がこの現象を認めるまでの経緯を詳細に綴ることで、偉大な研究者として持ち上げるだけではなく、彼の弱点にも振れていて公平性を保っている。

藤田は九州の明治専門学校(現 九州工業大学)を卒業後に物理学の助手に採用されその1ヶ月後には助教授となる。若い頃から頭角を表していたようだ。博士号を取得後、渡米し、竜巻の研究で頭角を表し、竜巻の規模を表すFスケールで気象学者としての地位を確固たるものにした。

その藤田のもとに、着陸直前の飛行機が墜落するという痛ましい事故についての調査依頼が墜落した飛行機の航空会社から入る。事故当時の情報を丹念に分析した結果、衝撃波=ダウンバーストの着想に至り、その説を発表し、観測し、多くの気象学者に認知される。それまでの大変だったのだが、偉大なる発見をする科学者とはやっぱり「変人」であり、いろいろ衝突があったようだ。

通常であれば、論文を雑誌に投稿するときには、他の研究者による査読が行われ、それに反論し必要に応じて修正を加えるなどして投稿から数ヶ月たってようやく掲載される。しかし、藤田にはその行為が煩わしく自分で雑誌につくり、そこに論文を発表し自分の考えいち早く公表することを大切にした。前に進むことを優先したと言う。

また、自分の考えに反論されることを好まなかったようで、・・・・「自分なら何でもうまくやれる」と思ったのでしょうが、もしかしたらそこが、彼の欠点だったのかもしれませんね。彼は我慢強くありませんでしたし、感情に流されやすい人でもありました。・・・自分の話を聞こうとしない研究者には容赦しませんでした。一方で、他の研究者がはなすことに耳を傾けることもありませんでした。こうした点で、彼は多くの研究者との関係に問題を抱かえていました・・・-P175-

通常であれば、他者とのディスカッションで異なる着眼点を入れることを大切にするのが一般的だと思うが、それすらやらなかったということなのか?もし、これをしていたら藤田はもっとすごかったのではないか?と思うと同時に、このくらい突っ走らないと先頭は走れないということなのだろうか?とも思ってしまう。結局のところはわからない。

藤田は、望郷の思いはあったものの、十分な研究環境のため米国籍を取得、日本に戻ることはなかった。

※10日ほど前に読了 この本を知ったのは読売新聞書評

まだレビューを書いてない本がある。。。
スポンサーサイト

category: 書評

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 0   

7/15 備忘録 

7/15

朝練。GOさんと。約束時間より早めに出て朝練コースを一周した後に合流。65キロ。やっぱり人と走るとガマン時間が長くなる。出来る範囲でコツコツと。止めないことが大切。

昼はキッチンヒロへ。新作を食すことができるので新作を。

私。
170715_123046.jpg

カミさん
170715_122934.jpg

ちびっ子
170715_122040.jpg

ヒロはボリューム満点。ちびっ子のはお子様ランチということだが、どうみても大人のレディースセットと言った具合。

それにしても暑い。梅雨明けの話すら天気予報で言わない。でも天気は続く。確かに天気図を見る限り梅雨明け宣言できないのはわかるが、関東はずっと晴天。天気屋泣かせの日が続く。

※読書:ネガティブケイパビリティ 読了

category: 日々の備忘録

thread: 日々のつれづれ  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

楠木新『定年後 50歳からの生き方、終わり方』 

定年後 50歳からの生き方、終わり方

【内容】
自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しない。家族や地域社会との良好な関係も重要だ。第二の人生をどう充実させたらよいか。シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じ、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるためのヒントを提示する。

【メモ】

定年後の話で巷で飛び交う話題は年金などの老後の生活費に纏わるものがほとんどだ。しかし、本書によると、定年後の大きな問題は「孤独」だと言う。

本書で面白いと思ったのは「定年女子」の話だ。女性は定年後でも孤独とはならずに楽しくやっている人ばかり。会社に寄り添うことなく別の世界を仕事をしながら作っていた人ばかりだからだ。

一方男性陣で「孤独」になってしまうのは会社に寄り添ってきた人である。

会社とは実に便利なところで、誤解を恐れずに言ってしまえば「自分がほんとは何がやりたいのか?」を考えずとも、やることは降ってきてそれに一心不乱に邁進していれば良い。多少嫌なことがあっても退社後に仲間と一杯ひっかけてグチも言える。多少の不満はあっても会社はいろいろなものを提供してくれているのだ。社内という小さな「社会」でうまくたち振る舞えば自分の存在感を感じ満足することができた。

しかし、会社という枠がなくなった瞬間、個人を表に出てきて何をして良いかわからなくなり、心が病んでしまう。

男とはなんてアホな生き物なのだろう。

本書の読み方はいろいろあって良いと思う。定年後、どうすれば「孤独」にならずに済むかを今から処方を打っておくヒントを得ると言った読み方も善し、男という生き物の特徴を理解するために読むのも善し。

※余談だが、働き方改革といろいろ言われているが、制度を作ってもこの会社というムラ社会がなくなったら居場所がなくなったらどうしてよいかわからない人たちで形成されている限り、このムラ社会から爪弾きにされることを恐れて、変わるのには時間がそれなりに必要とするのではないか?

※さらに余談だが、上記にも記載したように、やることは降ってくるし、突然の配置転換で入社時には想像もしかったことをやったりする。それなのに、(日本の)会社は入社試験でどんなことをやりたいかを聞く。何故だ?

※2週間ほど前に読了

category: 書評

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 0   

和田峠 何年ぶり? 

7/9

トライアスロンをやっている人に誘われ、大垂水→藤野→裏から和田峠→陣馬街道

兎に角、暑い。やっぱり炎天下の中を走るのは大変だ。とても体に良いとは思えない。

最近は小山田周回か朝練コース周回しかやってないので、キロ単位の登りやってないこともあり、大垂水の最後の方で脚の回りがいまいちになってしまった。

170708_084547.jpg

藤野近くのセブンにて。

和田峠へ。裏から入るルートは初めて。こんな田舎のところが身近になったのかという風景。で、和田峠。急こう配がずっと続くので次第に目視的には勾配があるように思えなくなる。でも、サイコンの数値は10%くらいをずっと示している。ヘロヘロになりながらも頂上へ。こんなにきつかったっけ??

170708_095752.jpg

帰りは浅野川→多摩川で。暑いからかサイクリングロードは人も少なく33キロくらいのペースでずっと走り矢野口までたどり着く。

130キロくらい

補給:100+236+149+216+110=811円 結構使ったな。。。水分が多いな。

category: 自転車

thread: 自転車(スポーツ用)  -  janre: スポーツ

TB: 0    CM: 0   

大西康之『東芝解体 電気メーカーが消える日』 

序章に全体概要を1章から章別に主要電機メーカーについてこれまでと近未来の今後を記載した内容。

電機メーカーは電力系、電電系、(東芝、日立のように両者に跨るところもある)その他(一般家電などが主力)に分類される。

1985年の通信自由化までは「日本の通信市場は日本電信電話公社による「独占」状態だった。独占とは価格競争がないことを意味し、コストが上がれば電話料金を上げるだけ。利用者に選択の余地はなく、決められた料金を払うしかなかった。-P25-」
この状態の電話料金は"税金"と同じである。政府は"NTT"を隠れ蓑とし不人気な政策である「増税」を「電話料金」と言う形で行うことで行った。そしてNTTは「設備投資」という名のもとに「電電ファミリー」に再分配された。そして電電ファミリーにぶら下がる下請けに"税金"は還流する。まさに土建業の公共事業と同じ構図が成立していた。

しかし、自由化が進み、ソフトバンク、KDDIといった企業とNTTは競わなくてはならない状況になると、通信料を下げざるえなく
なり設備投資も押さえられることとなる。NTTの下請けに成り下がってしまった電電ファミリーは飼われることになれてしまい、身動
きがとれなくなり縮小することとなった。

これまでも電電ファミリーは"自主ビジネス"とでも言おうか?NTTとは関係のないことで経営の多角化を目指したが中途半端であり、そこで生じた損失補てんもまた"税金"でなされた。このようなぬるま湯状態では外国勢に勝てるわけがなかった。

この構図は電力系についても同じである。

そんな電機メーカー壊滅状態の中で三菱電機はしぶといと著者は言う。「勝てない事業から撤退し、勝てる分野にヒト・モノ・カネを集中すること-P237-」という当たり前のことができたからだとしている。しかし、先に述べたように損失補てんに慣れてしまった他電機メーカーはそれができなかった。


うーむ。良く見ている。。。。歯がゆい。。。。

東芝解体 電機メーカーが消える日

※3週間程度前に読了していたが知人に貸したためレビューが遅れた。

※トレーニング:朝練 30キロ アベ28.8 やっと去年より1キロ程度遅い程度にまで回復。通称"下駄"と呼ばれるホイールなので善しとしよう。

category: 書評

thread: 読んだ本。  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 1   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード